不妊期間3年で私が妊娠するまでに一番大切にして意識いた事

葉酸サプリ

3年間の不妊期間を経て、ようやく子供に恵まれました。こうして妊活に成功した私ですが、主に取り組んだのは基礎体温を上昇させるというものでした。低体温とは、体温が36℃に満たないことを言い、この状態を改善しなければ、乾燥やニキビなど肌あれの症状のほか、お通じも悪くなったり、なんと妊娠に向かない身体へと変わってしまうのです。基礎体温を上昇させるために食生活の改善は一番意識して行いました。赤や黒など色の濃い食材、北国で生産される食材、冬が旬の食材には体を温める食材が多いので、進んで毎日の食事で食べるようにしました。
毎日の食事にほんの少し気を遣うだけなので、難しいことも辛いこともありません。
一口に妊活と言っても色々な方法があります。

 

美容院の毛染めも化学物質ではなく出来る限りオーガニックをしようしたり、口に入れるものをオーガニック製品に変えることも間違いなく妊活です。
特に体を冷やさないようにするというのは高い効果が見込まれている妊活ともされています。私達はずっと子供を授かりたいと願うと同時に授からないことに悩んでもきましたが、私にも主人にも問題が見られなかったということで、先にも書いたことを実践しながら妊活を続け、その結果、今はお腹に赤ちゃんを授かることができました。

 

 

 

排卵日を予測するために基礎体温をつけることを習慣にしています。毎朝目覚めてから体温を計るまでに動いてはいけないので、枕元にあらかじめ体温計を用意しておくまでは問題ないのですが、体温を計っているはずがうっかり二度寝、何てことにならないように気をつけなければならないのは本当に大変でした。

 

うっかり二度寝してしまったとしても計測に影響は出ませんが、仕事には遅刻してしまうかもしれないからです。自分の体調を知る1つの方法として基礎体温は有効ですので、妊活をする必要がない方でも試しに計ってみてください。
体温のグラフにガタつきが見られた時には不調の現れだとして、ライフスタイルを見直すようにしています。以前から月経が予定通りくることがほとんどなかったので、最初に基礎体温をつけることにしました。インターネットなどから得た情報を参考に自分のやり方でタイミングを探ってみましたが、半年経っても妊娠しないため、ネット販売されていた海外輸入品の排卵日検査薬を格安で買い上げ、結果を元に排卵日を特定して実行してみると、半年足らずの間に妊娠することができました。
お互いに仕事漬けの毎日で何度もタイミングを取るのは体力的に難しかったこともあり、正確な排卵日予想がなければ短期間の間に妊娠するのは不可能だったと思います。

 

近年、今積極的に取り組んでいる活動を〇〇活として略して表現する事も多くなりましたが、子供を持ちたい、と思っている女性が興味あることといえば「妊活」です。

 

 

一体何をすればいいのでしょうか。
必要以上に難しく考えることはありません。

 

 

 

女の人はエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンの働きにより周期的に生理がやってきます。赤ちゃんを授かりたいと考え始めた方は、最初は基礎体温を毎朝測ることから始めて、それをもとにしたあなた自身のバイタルサイクルを知ることが重要になります。

 

 

もしも低温期と高温期が分かれていないなど気になることがあれば、病院で相談をしてみましょう。妊娠を考えているなら、冷えは大敵です。
なにより首・手首・足首の保温を怠ると冷えが強くなりやすく、子宮や卵巣環境の悪化を招くことがあります。
冷えの解消にオススメなのが、温かい食べ物を摂るという事です。冷たい飲み物がどうしても欲しい時には、氷を避けるだけでも効果があります。
またお風呂はぬるめのお湯を溜めて、ゆっくりつかることでリラックス効果もあり、血流もよくなります。

 

最後にご紹介したいのは、運動です。なによりもウォーキングは妊活への影響が大きく、最低でも20分は毎日歩き続けると身体の血行が改善され、子宮環境も温まり妊娠しやすい状態となります。

 

 

ここ2、3年で妊活というキーワードは広く浸透しました。

 

 

 

ママになりたい女性が取り組む妊活は、体から冷えを取り除くことが重要視されます。
女性は男性に比べて冷えやすいと言われています。
慢性的な冷え性になってしまうと生理不順が引き起こされる場合もあり、妊娠しやすい状態とは言えなくなってしまいます。
冷え取りに効果的なのは、筋力アップと毎日の入浴、身体を冷やしにくい暖かい物を食べるように努めることが大切です。子供を望んでいるのですがこれまでに私達が授かることはなく、今は妊活サプリの力を信じて飲用を続けています。
不妊の解決策を妻だけに押し付けるのは耐えられなかったので、夫婦二人で飲み続けられる商品を購入し、いつも一緒に飲むようにしています。

 

 

 

自力で出来ることをしても結果が伴わなければ妻の生理周期は安定し始めたようで、妻の悩みであった生理不順が安定して毎月くるようになり、ある程度の効果がサプリによってもたらされています。妊活の開始にあたって、まずは自分の身体を改めてよく見てみましょう。月経のサイクルは正常であるか、乱れている場合は排卵がされずに生理が来ている場合もあるので詳しく調べる必要があります。
毎日起床は同じ時間にして基礎体温を計り、得られた数値をグラフでわかりやすくしてみましょう。

 

グラフなんて書いてられない!そんな方は今は便利なアプリもあるので、それを利用するもいいですね。

 

基礎体温を計り続けていると、わずか3カ月ほどであなたの体調の変化が基礎体温とともに周期性を持っていることがわかるはずです。
妊活を始める最初のステップは、まさに自分の身体のことを改めて知ることなのです。
もう子どもを持ってもいい頃だよねと、夫と話す機会が増えましたをとりあえずは妊活も入門編から始めていくといいように思います。

 

 

毎日の暮らしの中ではカラダの冷えを予防したり、いい加減で済ませていた基礎体温の計測をしっかり、アラーム機能を使って毎日の起床時間を同じにして計っています。

 

食生活も見直してきちんと3食食べるようになりました。

 

睡眠時間も22時〜7時に眠る事でしっかりと確保するようにしました。
今月はあと数日で検査薬が使えるので、楽しみに待っています。