今、話題の不妊治療って?葉酸サプリメントが効果あるってほんと?

葉酸サプリ

 

葉酸サプリメントが今、注目されています。葉酸は妊娠しやすい状態を効果維持するためには必要不可欠な成分です。いわゆる不妊治療に必須といえます。それが含まれているのが葉酸サプリメントです。しかし、葉酸サプリメントを摂取したからといって不妊治療に必ず効果があるとはかぎらないのです。

 

このサプリメントを愛用されている方の中には、葉酸を飲めば妊娠できると考えている人もいるでしょう。確かに妊娠を安定化させるのに必須の成分です。葉酸は胎児の先天性の異常症のリスクを抑え、新しい細胞や血液がつくられるためのサポート役になります。

 

葉酸サプリ

 

是非考えてほしいのは、女性が妊娠する以前から葉酸は摂取してほしい成分だということです。葉酸は遺伝子的に正常に保つ働きがあったり、流産を防ぐ意味合いもあります。葉酸を維持摂取しておくことで、胎児は育ちやすい環境であることは間違いないでしょう。また母体の健康状態を維持する意味合いでも、葉酸サプリメントは摂取しておいて良いでしょう。

 

葉酸サプリ

 

妊娠時期の中で、葉酸が特に必要なのは、妊娠初期です。このことから妊娠前、妊娠初期にあわせて葉酸サプリメントの摂取を考えてほしいものです。女性側だけでなく、パートナーである男性も葉酸は摂取しておく必要があるでしょう。夫婦間を円満にする成分ですので、おすすめします。


20代不妊の悩み

30歳以上になると徐々に自然妊娠の確立が下がっていって40代になると
自然妊娠は出来る可能性は10%以下といわれています

 

妊娠適齢期は20代半ばと言われていますが
実際には20代でも不妊に悩んでいる方は多く居ます

年齢も20代で、仕事も転職し、勤務時間も以前より大幅に少なくなって、自炊も多くしてるのに1年以上も妊娠しない。

 

タイミングは徐々に増え、排卵検査薬も使ったのに毎回くる生理。

 

1ヶ月がすごくすごく長く感じる。

 

 

 

よくインターネットで「意識しないようにしたら出来た。」とか「諦めたら出来た。」とか書いてるけど、そんなとき1瞬もない。

 

気にしない時間はない。生理開始日から排卵日までの間は心が廃人のよう。

 

 

 

20代後半にもなってくるとまわりの懐妊報告も多くきいたり、職場でもちらほらでてくるようになってきた。あてつけにしか思えない。

 

私が欲しいことを知っていながら「出来るよきっと」などよく言えたものだ。実際具体的に婦人科に行っていることは誰にも言っていない。

 

公に負けを認めてるようで、哀れみの目で見られそうだから。

 

 

 

旦那にも生理がくると「なんで生理くるの?」と返しようのない質問が飛んでくる。

 

妊婦に罪はない、子供にも罪はない。でも妊活ってこんなにも心が荒んでいくものなんだと実際経験して初めてわかった。

 

婦人科にも1ヶ月に何度も通わないといけないし、保険きかないし、注射痛いし、家から遠いし、行くために会社に嘘ついて早退して行かなきゃだし。

 

 

 

義理の実家に行ってもおばあちゃんからは毎回「早く曾孫の顔が見たい」と言われ、しまいには泣かれ。あまり行きたくなくてもそこまで遠くないから、義母に遊びにきてと催促があるし。盆と正月は親戚一同揃ってご飯を食べるけど、大人数に囲まれながらの「こどもはまだか」発言。拷問。尋問。ただでさえ居づらいのに。

 

気にするなという人もいるけど、「こどもはまだか」と思っているのは私自身なんだから、そんなこと言われても本当に何も言えない。

 

 

 

妊娠したいけど、もし、妊娠しても周りを喜ばせたくない。ここまで私が傷ついたりしてるのなんにもわかってない人たちだから。

 

旦那にも心が狭いとか、思いつめすぎとか言われるけど、実際妊活してるの私一人だし。わかった口叩かないで欲しい。すべての妊活行動やってほしい。生理も体験してみろ。

 

■妊活として行っていること
基礎体温をつける。
マカ、葉酸の摂取、豆乳を毎日飲む、納豆を食べる。
なるべく年中腹巻をする。
京都の鈴虫寺に夫婦で行き、子宝祈願をする。
暖かい飲み物を進んで飲むようにする。
タバコを減らす。
会社から自宅まで徒歩30分の道をなるべく歩いて帰る。
コウノトリキティを買う。
婦人科で卵管造影検査をする。
タイミング法を指導してもらう。エコーで排卵を調べる。
HCG,HMG注射を打つ。
排卵誘発剤(セキソビット)の摂取。

>>アイキララ口コミはココ

妊活の方法について

妊活と一言でいっても多様な方法があります。
美容院で従来は化学薬品を利用していたところをオーガニックに変えて髪を染めたり、食品も自然派のものに変えたりするのもはっきりと妊活であると言えます。何よりも体を冷えから守ることはかなり効果がある妊活とされています。私達は赤ちゃんを授かることがなく長い間悩んでいましたが、双方に問題がなかったのでこれまでのことを意識した生活を続けて、めでたく現在はマタニティライフを過ごしています。
私たち夫婦はなかなか子供に恵まれず、妊活サプリなるものを購入し、現在も愛飲しています。

 

 

 

妻だけに責任を負わせてしまうわけにはいかなかったので、男性も女性も飲むことができるタイプの商品を購入し、男女ともに飲むことができるものを購入し、毎日必ず二人で一緒に飲んでいます。

 

。こうした努力でも妊娠できなければ専門クリニックでより詳細な検査を受けようと考えていますが、妻の生理が乱れることなくきちんと周期的にくるようになり、.もうそろそろ子供を持ってもいいかもと、よく旦那と話しています。

 

とりあえずは妊活も入門編から始めていくといいように思います。

 

 

 

日常の中で身体の冷えを防いだり、おざなりになっていた基礎体温の計りかたを正しく、目覚ましを使って毎日同じ時間に計るようにしました。

 

 

食生活も3食しっかり食べることにしています。

 

寝るのは必ず10時、起きるのは7時とメリハリのある生活に変化させました。

 

今月もうすぐ検査薬が使えるので、結果を楽しみにしています。
妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、様々な事をやっています。

 

 

例えば、季節に関係なく毎晩お風呂にお湯を溜めて浸かり、体を温めています。冷え性予防・改善にもなりますし、疲れも改善してくれるので元気に過ごすことができます。
また、毎日サプリで葉酸と鉄分も補給しています。中でも葉酸は妊娠を望む3ヶ月前から飲むと良いと聞いたので、赤ちゃんが欲しいと思うようになってから毎日飲み続けています。赤ちゃんができると母体は貧血を起こしやすくなるので今から鉄分も飲んでおり、もし赤ちゃんができたら私の体から必要な栄養と血液が胎盤を通って赤ちゃんに渡っていくのですから、2つのサプリは継続して飲みます。3年間の不妊期間を経て、ようやく子供に恵まれました。

 

不妊に悩みつつも私がずっと続けてきた妊活が、冷えを取り除き基礎体温を上げるというものでした。

 

一般的に36℃以下の体温は低体温状態とされ、これをそのままにしていると、乾燥やニキビなど肌あれの症状のほか、お通じも悪くなったり、なんと妊娠に向かない身体へと変わってしまうのです。
低体温状態から抜け出そうと意識的に取り組んできたのが毎日の食事を変えることです。
緑黄色野菜や根菜類、寒い地方で収穫されたもの、冬が最も美味しいとされる食材は身体を温めてくれるものが多いので、意識して食生活に組み込むようにしました。毎日の食事にほんの少し気を遣うだけなので、やりにくいとか大変だとかいう事はありません。

 

 

 

現在多くの方が不妊治療を受けてらっしゃいます。
妊娠する可能性があるのならと、できる事は何でもやろうという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

やってみて欲しい事はいっぱいあります。

 

最初に、常日頃から栄養バランスの良い食事をするという事です。過剰なダイエットは偏りのある栄養バランスになりがちなのでオススメできません。続いて妊娠中の体にもっとも重要だとされている葉酸の摂取についてです。赤ちゃん体をつくる大切な栄養素です。
食事だけでなくサプリメントも活用してしっかりと摂りましょう。

 

 

 

身近なところから妊活を行っていくことが肝心です。妊活を進めている中、基礎体温を測り始めて夫婦で6か月近く努力してみても、妊娠しない時には一度は病院で詳しく検査をされた方が良いでしょう。
ご主人が問題を抱えている場合も近年では多いといいますし、ご夫婦に問題がなくても身体の相性が悪いということが本当にあるそうで、相性が悪い場合には卵子が相手の精子を受け付けないように攻撃してしまうこともあるようです。

 

同じ検査でも保険が適用されず高額にする病院もあるので、初診の場合には必ず確認を取ってから行くようにしましょう。排卵日を知るために基礎体温を付けています。基礎体温はいつも起床後に動かない状態で計らなければいけないので、ベッド近くに体温計を置いておけば手を伸ばすだけで済むのでいいのですが、体を動かさずに横になったままですと二度寝してしまいそうで気を緩めることはできません。
二度寝でも計測そのものに問題ありませんが、仕事には遅刻してしまうかもしれないからです。基礎体温は自身のコンディションを知る指標としても活用できるので、妊娠を希望されていない方もぜひ基礎体温を活用してみてください。

 

 

体温グラフが安定しない時は体が疲れている状態だとして、生活習慣の見直しを行っています。
数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする機会も増えましたが、赤ちゃんを授かりたい、と考えている女性の多くが気にしていることといえば「妊活」ですよね。

 

一体どのような活動をすればいいのでしょうか。

 

面倒なものだと思うことはありません。

 

 

 

女の人はエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンの働きにより周期的に生理がやってきます。
赤ちゃんを授かりたいと考え始めた方は、まず毎朝基礎体温を測り、それをもとにしたあなた自身のバイタルサイクルを知ることが重要になります。

 

もしも低温期が長すぎたり高温期が無かったりなど理想的なグラフが現れず不安に思う場合には、病院で相談をしてみましょう。
以前は妊活をしていた者です。

 

 

現在は5ヶ月になる女の子を授かる事ができました。妊活は病院に通いそれは光の見えないトンネルを彷徨い続けていた数年間でした。

 

諦め時が決まらず悩んでいましたが、命を授かったのは人工授精も6回目となった時でした。こうして赤ちゃんに出会えた事にお礼の言葉しか出ません。妊活中は仕事をしていましたが、ストレスをためないように心がけていました。気分転換のために主人と連れ立って出かけていたのも今では素晴らしい思い出です。